一般社団法人日本冷凍食品協会(にほんれいとうしょくひんきょうかい(略称:冷食協)英語表記:Japan Frozen Food Association)は、冷凍食品を製造する日本の企業・団体を主な会員とする業界団体です。

制度解説

(一社)日本冷凍食品協会が運営している、協会会員の製造工場に対する「冷凍食品認定制度」の概要を説明しています。

1.改定の経緯

一般社団法人日本冷凍食品協会(以下協会)は昭和44年に発足しましたが、その翌年には「冷凍食品検査要綱」、「冷凍食品製造工場認定要領」を制定し、冷凍食品認定制度がスタートしました。

認定制度はその後数度にわたって部分改定を実施し、「HACCP基準の追加」、「海外工場認定」等を導入しましたが、制度発足当時には重要であった施設(ハード)中心の指導基準がそのまま継続されたため、管理・運営基準(ソフト)が十分ではなくなってきました。また、協会会員が外部から受ける各種監査に際しても、現行の認定制度・基準は冷凍食品の品質保証レベル評価のためのスタンダードとして必ずしも通用しているとはいえなくなり、消費者、顧客、社会が要求する経営理念重視の品質保証システムが求められている中、ISO9000・22000シリーズ等に基づくより高度な品質管理体制を備えた認証システムが不可欠となってきました。

旧来の「冷凍食品の品質・衛生についての自主的指導基準」ならびに「確認工場制度」が果たした役割は非常に大きいものでしたが、昨今の食の安全・品質の要求レベルを達成することを目標にして、平成21年4月より新たに始まったものが「冷凍食品認定制度」(以下、認定制度)です。

認定制度への移行審査、認定制度開始以降に行われた定期検査、工場指導、更新調査等の作業を行ってきましたが、これらを通じて認定制度の一部について冷凍食品製造工場認定委員会(以下、認定委員会)より指摘された運営上の問題点への対応と、平成20年度以降に改正された法令等への対応として、逐次改定を行っています。

2.認定制度の主な特徴

1. 工場の認定基準

これまでの施設・設備基準に加えて、組織のコンプライアンス体制、品質・衛生管理体制等の確立に係わる基準等が新たに設けられました。

2. 工場の定期検査

新制度では、認定基準の達成状況に応じて設定した回数で工場の定期検査および指導を実施します。また工場指導では、新認定基準の達成状況に応じた品質・衛生管理システムのレベル向上を目指して、より一層細やかな指導を実施いたします。

3. 工場認定に係わる仕組み

これまで工場の認定期間は一律3年としてきましたが、新しい制度では認定審査および更新審査における認定基準の達成状況に応じて、2年から最長4年までの期間が設定されます。

3.「冷凍食品認定制度」の基本構成

「冷凍食品認定制度」は第1編として要綱、要領が決められています。

instraction_01

これら要綱、要領の基準として第2編「冷凍食品製造工場認定基準」、第3編「冷凍食品の品質基準」、第4編「冷凍食品の表示基準及び表示形式」、第5編「冷凍食品の衛生基準及び試験方法」があります。第2編の「冷凍食品製造工場認定基準」の中にはⅠ.品質・衛生管理体制に係る基準、Ⅱ.施設・設備に係る基準の2つが含まれています。

「冷凍食品認定制度」は配布、販売をしていましたが、平成23年6月の制度改定より全ての内容を協会ホームページに掲載し、販売は中止致します。

instraction_02

更に基準を達成するための具体的なマニュアルとしては、「冷凍食品認定制度のための品質管理の手引き」が作成されています。

instraction_03

4.認定までの流れ

1. 入会

協会会員の製造工場が認定の対象となりますので、冷凍食品認定工場となるためには、まず協会の会員になる必要があります。入会手続きは、協会の総務企画部までお問合せ下さい。

2. 申請

製造工場より、冷凍食品製造工場認定申請書並びに資料を3部、協会の品質・技術部へ送付頂きます。申請書は様式1.1〜1.9まで(海外工場の場合は様式2も必要です。)を提出頂きますが、記入方法や例等は申請方法をご覧下さい。なお、申請に際しては、工場に求める必須要件がありますので、予め確認して下さい。

3. 書類審査

申請書並びに資料は協会で内容確認を行い、不備な場合は申請した工場へ連絡して修正や追加をお願いする事があります。

確認を終えた申請書3部の内1部は協会に保管し、2部は一般財団法人日本冷凍食品検査協会(以下検査協会)に送付され、本部で1部、実際に調査に当たる担当の検査所に1部送られますので、必ず3部が必要です。

4. 調査

検査協会の担当する地域の検査所より、申請に基づいて調査を行います。事前に検査所より調査日の日程確認をするとともに、調査に使用するチェック内容を工場へ送付しますので、その内容に従って資料をご準備下さい。チェック内容は基準にそった内容を調査用に具体的にしたもので、基準Ⅰ、Ⅱが共に60点以上あり、かつ基準に含まれる各項目が30点以上ある事が認定工場適合の必須要件となります。

調査は2日かかります。チェック内容に基づいて工場の施設・設備並びに品質・衛生管理体制等を検査所の検査員が確認します。

5. 審査

検査所の検査員が、チェックした内容を報告書としてまとめ、検査協会本部で内容を確認の上、協会に報告書が提出されます。

協会の品質・技術部が事務局となり冷凍食品製造工場認定委員会(以下認定委員会)を招集し、報告書の内容について審査を行い、工場が認定基準に適合するか否か、適合の場合はその有効期間を査定します。

6. 通知

認定委員会による審査結果を受け、事務局が申請工場へ通知を行います。不適合の場合は通知と検査協会による報告書を、適合の場合は通知と報告書に加え、認定証マークの清刷及び認定工場証(下記)を送付します。

instraction_04

認定工場証見本

画像をクリックすると拡大します。
(正式な認定証票は金色です)

instraction_05

認定証マーク

このマークは、日本冷凍食品協会の認定基準に適合しているしるしです。

5.認定後

認定された後も、有効期間によって決まっている定期検査や工場指導があります。

更新審査の手続きについては、有効期間が満了を迎える対象工場に対して申請書の提出時期等について協会より連絡します。実施内容は上記の「4.認定までの流れ」と基本的には同じとなりますが、申請書の提出時期にご注意下さい。

冷凍食品の認定制度

TEL 03-3541-3003 〒104-0045
東京都中央区築地3丁目17番9号 興和日東ビル4階

電話番号:03-3541-3003(代表)

冷凍食品の認定制度

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本冷凍食品協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.