一般社団法人日本冷凍食品協会(にほんれいとうしょくひんきょうかい(略称:冷食協)英語表記:Japan Frozen Food Association)は、冷凍食品を製造する日本の企業・団体を主な会員とする業界団体です。

冷凍食品Q&A|冷凍食品の基礎知識

冷凍食品の基礎知識

1. 冷凍食品とは
Q1. 冷凍食品とは何ですか?
A  

さまざまな食品の品質(風味、食感、色、栄養、衛生状態など)を、とれたて・つくりたての状態のまま長い間保存するために、冷凍食品が生まれました。

冷凍食品は、通常、次の4つの条件を満たすようにつくられています。

  1. 前処理している

    新鮮な原料を選び、これをきれいに洗浄したうえで、魚でいえば頭・内臓・骨・ひれなどの不可食部分を取り除いたり、三枚おろしや切身にしたり、その切身にパン粉をつけて油で揚げるだけで魚フライができるように調理するなど、利用者に代わってあらかじめ前処理をしています。

  2. 急速凍結している

    凍結するときに、食品の組織が壊れて品質が変わってしまわないように、非常に低い温度で急速凍結しています。

  3. 適切に包装している

    冷凍食品が利用者の手元に届くまでの間に、汚れたり、形くずれしたりするのを防ぐため、包装しています。包装には利用者に必要な取扱い、調理方法等のほか法律で決められている項目も含めて様々な情報が表示されています。

  4. 品温を-18℃以下で保管している

    食品の温度(品温)を生産・貯蔵・輸送・配送・販売の各段階を通じ一貫して常に-18℃以下に保つように管理しています。

Q2. 冷凍食品にはどのような規格がありますか?
A  

一般に冷凍された食品の種類により、水産冷凍食品、農産冷凍食品、調理冷凍食品、冷凍食肉製品などの区分があります。冷凍食肉製品は、食品衛生法における食品区分では、冷凍食品ではなく食肉製品の区分になっており、独立した規格基準を定められていますが、その製造工程や流通・販売上の管理などは冷凍食品と同一であるため、(一社)日本冷凍食品協会では冷凍食品のカテゴリーの一つとして取り扱っています。

冷凍食品の中には、冷凍食品全般の規格基準に加え、調理冷凍食品には独立した規格基準と表示基準が定められています。

なお、冷凍食品には食べる時に加熱が必要か否かにより、無加熱摂取冷凍食品と加熱後摂取冷凍食品という区分もあります。さらに、加熱後摂取食品は、「凍結前加熱済」と「凍結前未加熱」に区分されています。これらはそれぞれに規格基準が決められています。

Q3. 冷凍魚は冷凍食品といってよいですか?
A  
qanda_01

魚の冷凍品であっても、包装を取り除いたり解凍して販売するものは「冷凍魚」であって、冷凍食品とはいいません。冷凍食品は4つの条件を満たしたものが「冷凍食品」と表示されています。(冷凍食品の4つの条件はQ1を参照ください

Q4. 冷凍食品とチルド食品との違いは何ですか?
A  

冷凍食品は、生産から流通・消費の段階まで一貫して−18℃以下の低温を保って取り扱われる食品をいいます。チルド食品は、昭和50年に農林省(現:農林水産省)が設定した食品低温流通推進協議会において、−5〜+5℃の温度帯で流通する食品とされました。

チルド食品の温度帯に法的な規制はありませんが、現在チルド食品は食品別に最適な温度帯が設定され、通常は0〜+10℃の温度帯で流通しているのが普通です。

Q5. パーシャルフリージングとは何ですか?
A  

保存のために食品が部分的に凍結した状態で保持することをいいます。一般的には、-3℃程度の温度帯で魚や肉などの表層だけを凍らせて貯蔵・流通させるものをいいます。通常の冷蔵と比べて、かなり貯蔵性や品質が良好ですが、温度管理が難しいという面があります。

Q6. 氷温貯蔵とは何ですか?
A  

0℃より低く食品が凍る氷結点より高い、いわゆる「氷温領域」と呼ばれる低い温度帯で食品を凍らせずに貯蔵することを氷温貯蔵といいます。パーシャルフリージングより高い温度帯で、凍らせないため食品組織の損傷はありませんが、温度管理は一層難しくなります。

Q7. 最大氷結晶生成温度帯とは何ですか?
A  

食品の冷凍とは食品中の水分が凍結することです。一般に、食品中の水分は-1℃あたりから凍り始め、-5℃程度でほぼ凍結します。この間に水は氷結晶となりますが、この温度帯を通過する時間が長いと氷結晶が大きくなり、食品の組織を大きく損なってしまいます。食品の組織の損傷を極力少なくするためには、この温度帯を急速に通過させる必要があり、この凍結方法を急速凍結といいます。

一方、時間をかけた凍結方法は緩慢凍結といわれ、一般に避けるべき凍結方法です。

 急速冷凍並びに緩慢凍結の凍結曲線の比較

kyusokutouketu_01

a. 急速凍結

「急速凍結」とは、その食品の品温が低下する過程で図に示されている最大氷結晶生成温度帯(通常の場合-1℃~-5℃の間)を短時間のうちに通過するような方法で凍結(凍結曲線a)が行われることである。

b. 緩慢凍結

比較的高い温度でゆっくりと凍結すると、最大氷結晶生成温度帯を通過するのに長い時間が必要(下凍結曲線b)となるので、このような凍結方法を緩慢凍結と言う。

❶ 冷凍前の細胞

kyusokutouketu_02

正常な組織

❷ 急速冷凍した細胞

kyusokutouketu_03

凍結すると組織内に小さな氷の結晶が発生し、組織の損なわれ方が少ない。

❸ 緩慢凍結した細胞

kyusokutouketu_04

氷の結晶が大きいため、組織が損なわれている。

Q8. 冷凍食品を製造する場合の凍結温度と時間はどのくらいですか?
A  

食品に-30℃以下の低温の冷気を強く吹きつけ、できるだけ短時間〈(一社)日本冷凍食品協会の認定基準では概ね30分以内〉に最大氷結晶生成温度帯を通過するよう急速凍結し、-18℃以下まで冷却し保管します。

食品によっては、-60℃以下といった超低温凍結装置を用いるものもあります。

Q9. 冷凍食品の品質はどのくらい長く保たれるのですか?
A  

冷凍食品は、-18℃以下の冷凍庫で温度変化をできるだけ少なくして保存した場合、素材や加工方法等にもよりますが、概ね8ヶ月から24ヶ月間は最初の品質が保たれることが、これまでの様々な研究、実験で明らかになっています。

Q10. 冷凍食品の賞味期限はどのようにして決めるのですか?
A  

賞味期限の設定は、当該製品に責任を負う製造者が科学的・合理的根拠をもって適正に設定すべきとされています。期限の設定にあたっては、製造者は保存試験を行ない、目標の品質を保持できる期間を確認します。なお、保存試験では、-18℃以下の所定の条件で期限を定めて、官能試験、細菌試験、必要に応じて理化学試験などを行います。その上で、製造者の責任で一定の安全率を見込んだ適正な賞味期限を設定しています。3ヶ月以上の長期保存が可能な冷凍食品では、賞味期限の年月だけを表示しても良いことになっています。

なお、輸入食品も国内生産品と同様の扱いになりますので、その賞味期限の表示は製造者または輸入者が行うことになります。ちなみに、食品の製造日から目安として概ね5日以内に急速な品質の低下が認められる食品は「消費期限」とすることが法で定められています。

Q11. 冷凍食品の保存温度は食品衛生法では-15℃以下となっているのに、-18℃以下と表示されているのはなぜですか?
A  

食品衛生法では食品の安全の観点から微生物が増殖できない-15℃以下を基準としています。一方、冷凍食品では良好な品質を維持するため昭和46年に生産・流通・販売の行政と各団体で構成する冷凍食品関連産業協力委員会を設置し、冷凍食品自主的取扱基準を作成しました。この中で、各段階で-18℃以下を保持することが定められ、現在まで一貫してこの基準を守っています。 また、国際標準であるCodex規格でも-18℃以下とされています。

qanda_06

2. 冷凍食品の優れた特性
Q12. 食品を冷凍することによって栄養が損なわれませんか?
A  

急速凍結することによって損なわれる栄養素はありません。また、-18℃以下の冷凍保存中の栄養価は、前述(Q9のA)のとおり長期間維持されます。

Q13. 冷凍食品に食品添加物は使われていますか?
A  

食品衛生法で使用が認められている食品添加物は使われている場合があります。ただし、冷凍自体が細菌の活動を抑える作用を有していますので、保存料などこれに代わる物質を使う必要はありません。

冷凍食品に使用されている食品添加物の主なもの
〈例〉

  • コロッケ・・・調味料・膨張剤・着色料
  • ハンバーグ・・・調味料

Q14. 冷凍食品に保存料を使用していますか?
A  

冷凍食品には、保存料を使用していません。-18℃以下の低温で保存すると、腐敗や食中毒の原因となる細菌が活動できないため、保存料を使用する必要がないのです。

Q15. -18℃以下で保存するのは細菌の繁殖を抑えるためだけですか?
A  

冷凍食品を-18℃以下の温度で管理するのは、細菌の繁殖を抑えると同時に、その食品の酸化や酵素反応などによる品質変化を抑制して、最初の品質を長期間にわたって保つためです。

3. 冷凍食品の製造
Q16. 冷凍食品はどのようにして作るのですか?
A  

冷凍食品は幅広い種類があり、その利用場面も様々です。ですから製造工程はその商品の特性に合わせて最適なものになっているため、一般的な製造工程はありません。ただ急速凍結(Q7をご参照ください)を行う工程があることが共通です。急速凍結には大きく分けて以下の4つの方式があります。

  1. 空気式凍結(エアブラスト方式)

    冷風を食品に当てて凍らせる方法で、バッチ式あるいは連続式があります。

  2. 液体式凍結(ブライン方式)

    低温の液体に食品を漬ける方法です。低温の液体をブラインといい、食塩水やアルコールなどが使用されます。

  3. 接触式凍結(コンタクト方式)

    低温の冷凍板に接触させて凍結する方法で、効率を上げるために挟んで圧力をかける設備が多くみられます。

  4. 液化ガス凍結方式

    液体窒素や液化炭酸ガスを吹き付ける方式です。

    また、複数の方式を組み合わせた設備もあります。それぞれの設備には一長一短があり、その凍結方法に適した食品も異なるため、製造工場ではその食品に最適な急速凍結設備を選択しています。

Q17. 水産冷凍食品や冷凍野菜に付いている薄い氷の膜は何ですか?
A  
qanda_07

魚介類や野菜を凍結直後に、氷水中をくぐらせてその表面に薄い氷の膜を付けることがありますが、これを「グレーズ(氷衣)」といいます。グレーズを付けることによって、貯蔵中の乾燥や酸化などの品質の変化を防ぐことができます。

Q18. 冷凍野菜は凍結前に加熱しているのですか? ブランチングとは何ですか? また、どのように加熱処理しているのですか?
A  

大根おろしや山芋など一部の例外を除き、ほとんどの冷凍野菜は、急速凍結する前に、90〜100℃位の熱湯に漬けたり蒸気にあてて調理加熱の70〜80%程度加熱します。これを「ブランチング」といいます。加熱時間は野菜の種類・大きさ・熟度などによって異なりますが、グリンピース、ほうれん草などは1〜1.5分、アスパラガスは2〜3分位です。

ブランチングの目的は、加熱により野菜の持っている酵素を不活性化させて貯蔵中の変質や変色を防いだり、組織を軟化させて凍結による組織の破損を防ぐためであり、ほとんどの冷凍野菜にはブランチングがされています。そのため、解凍調理する場合には加熱し過ぎにならないよう十分注意することが重要です。

Q19. ブランチングで冷凍野菜のビタミンCはどのくらい失われますか? また、生鮮野菜と比較してどうですか?
A  

冷凍野菜はブランチングによりビタミンC が若干減少しますが、これは生の野菜を加熱調理する場合の減少と同じです。-18℃以下で貯蔵中の減少は極めて緩やかです。ほうれん草による実験では、-18℃で貯蔵した場合、ビタミンCの残存量が50%になるのは33ヶ月後ですが、生のほうれん草の場合、ビタミンC の残存量は収穫後4.5℃の低温で保存しても3日間で78%になり、常温25℃では、3日間でわずか56% になってしまうという実験結果もあります。(出典: 生鮮食料流通技術研究会編「コールド・チェーン」)

生鮮物は季節により、また収穫後の経過日数により、ビタミンCの含有量が非常に異なったり低下したりすることを考えると、最適な季節に鮮度の良い原料を加工する冷凍食品に利点があるといえます。

Q20. 里芋の皮むきはどのようにして行われているのですか? また、里芋は白くてきれいですが、漂白剤は使っていないのですか?
A  

機械(ピーラー)又は手作業によって皮をむいています。薬品を使用することはありません。里芋は普通にブランチングすると色が黒くなりますので、軽くブランチングします。そのために白いので、漂白剤を使うことはありません。

Q21. 冷凍野菜は調理すると色が非常にきれいですが、着色しているのですか?
A  

冷凍野菜は、旬のとれたての新鮮な原料を前処理しブランチング後、急速凍結して-18℃以下の低温で保存しますので、原料本来の鮮やかな色がそのまま保たれているのです。決して着色料などを使って色付けしているわけではありません。

Q22. ムキエビに漂白剤を使用しているものがありますが、漂白してもよいのですか?
A  
qanda_08

ムキエビには亜硫酸塩を使用することがありますが、一般に亜硫酸塩は漂白剤、酸化防止剤、保存料としての用途が認められています。ムキエビの場合は、酸化による黒変防止のため、使用されています。ただし、その残存量は食品衛生法に定められており、二酸化硫黄(SO2)として1kg当たり0.1グラム(100ppm)未満でなければなりません。

Q23. ピラフやチャーハンはどうやって一粒ずつバラバラに凍結するのですか?
A  
qanda_09

いくつかの凍結方法があります。一例として、メッシュ状のベルトコンベヤーの上にピラフを乗せて下から冷風を吹き上げ、米粒が少し浮いた状態で踊らせながら凍結する方法があります。

Q24. フライ・コロッケの衣に厚いものがあるのはなぜですか?
A  
qanda_10

フライ・コロッケは製造工程で、パン粉が付きやすくするためと、味・食感を良くするために、中種にバッター液(小麦粉・卵白・ショートニング・スキムミルクなどを水で溶いたもの)に漬けてからパン粉を付けます。中種の形態や種類により衣の付き方には差が出ます。また、油で揚げる際のパンクを防ぐために、厚くなっている場合もあります。

Q25. 衣の比率を表示できませんか?
A  

調理冷凍食品の品質表示基準で、衣の比率は実比率を下回らない5の整数倍の数値により、%の単位で記載することになっています。ただし、衣の比率が基準に決められた規格以下の場合は、その表示を行わなくてよいことになっています。

q25

※食用油脂で揚げたもの以外のもので、頭胸部および甲殻を除去し、又はこれから尾扇を除去した1尾当たりのえびの重量が6グラム以下のものにあっては60%以下

例)食用油脂で揚げていないコロッケの衣の比率が33%である場合、実比率である33%を上回る35%を衣比率で記載します。一方、衣比率が28%である場合、衣の比率を書く必要はありません。

Q26. 油で揚げている冷凍食品の品質は変化しやすくありませんか?
A  

冷凍食品は-18℃以下の品温で保存すれば、油の酸化など品質の変化は賞味期限内であれば十分抑えられます。

4. 冷凍食品認定制度とは
Q27. 冷凍食品認定制度とは何ですか?
A  

(一社)日本冷凍食品協会では、昭和45年に「冷凍食品検査要綱」、「冷凍食品製造工場認定要領」等を制定し、わが国において初めて民間機関による“冷凍食品自主検査制度”を開始しました。また、同制度に基づき、冷凍食品製造工場の認定を開始するとともに、認定工場で製造した製品を検査し、適格品には「認定証」マークを貼付することとしました。

長年、安全で品質の良い冷凍食品の提供に努めてきましたが、食に関する社会の関心の高まりや、さまざまな要請に応えるため、平成21年4月から、従来の認定制度及び認定基準を大幅に見直した内容に改定しました。

この制度は、さらに良質で安全な冷凍食品の提供を目指し、従来の施設・設備を主体としたハード面の基準に加え、品質・衛生管理体制の構築及びその運営に関するソフト面の基準を追加した認定制度となりました。

平成26年度末時点で、約420工場が改定基準に基づいて認定されています。

Q28. 「認定証」というマークは何ですか?
A  
nintei_mk-small

(一社)日本冷凍食品協会会員の冷凍食品製造工場で、冷凍食品認定制度により認定された工場で製造される冷凍食品に「認定証」マーク(右図)が付けられています。

冷凍食品に付けられる「認定証」マークは、冷凍食品を選ぶ大切なポイントの一つですが、冷凍食品は製造直後にいかにすぐれた製品であっても、その後の温度管理が適切でなければ品質が損なわれてしまいます。

冷凍食品を購入する際、このマークを確かめることはもちろんですが、家庭用冷凍食品購入時の注意点(Q33をご参照ください)の各項目にも気をつけましょう。

Q29. (一社)日本冷凍食品協会の認定調査の実施方法とその内容は?
A  

協会会員の冷凍食品製造工場について、書類審査の後、(一財)日本冷凍食品検査協会に委託して、基準に基づいて定められた調査項目について総合的に実地調査し、その報告を基に学識経験者を含む認定委員会で審査します。なお、認定制度、認定調査の詳細は協会のホームページに掲載されています。

Q30. 冷凍野菜等の輸入冷凍食品にも認定証マークが付いているのですか?
A  

海外の工場で生産された製品でも、冷凍食品認定制度で認定された工場の冷凍食品には、「認定証」マークが付いています。

TEL 03-3541-3003 〒104-0045
東京都中央区築地3丁目17番9号 興和日東ビル4階

電話番号:03-3541-3003(代表)

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本冷凍食品協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.